日本人は背骨が曲がって猫背に見える人が多いですよね。
これはもともとの体質などではなく、猫背の姿勢が「クセ」になっていることが挙げられます。

○日本人には猫背が多い!その理由は生活習慣にあった?

恐らく、日本人の多くが悩んでいる猫背。

体中に痛みをもたらしてしまい、美容の大敵なのは周知のことでしょう。

猫背がクセになってしまい、背筋を伸ばすのは疲れる、もう長年猫背だし、今さら治せないのでは…と考えている人がいたら、まだ諦めるのは速いです。

もしも簡単に猫背が直せるならいいですよね。
猫背を治すのは、実はそう難しいことではありません。
正しい姿勢を楽に保つコツさえ心得ていれば、案外簡単にできるものなのです。
ポイントやコツを抑えることによって、猫背が自然と回復してくるでしょう。

○猫背になりやすい原因とは

猫背になりやすい人というのがいます。
それは普段の生活習慣によって、猫背のクセがついてしまっているのです。

例えばスマホやパソコンを長時間使っている人たちは、それだけでも猫背のクセがつきやすくなってしまうでしょう。

パソコンやスマホは、多くの人によって必需品です。
実際の作業を思い出してみればわかるでしょうが、

パソコンのディスプレイをみる、キーボードを叩く、スマホをみるといった動作は、背中が自然と前かがみになってしまいます。

特にスマホは小さいので、目の前に持ってこようとすると肩が丸まってしまい、結果的に猫背に見えてしまうのです。これらの姿勢が続いてしまうと、それだけで猫背だけでなく、肩こりにもつながってきてしまいます。
それだけ日々の習慣は強く影響してきてしまうのです。